ホーム > 活動報告 > 第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会

第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会

第18回アジアマスターズ陸上競技選手権大会、第35回全日本マスターズ陸上競技選手権大会が2014 年9月19日(金)〜23日(火)の5日間、北上総合運動公園で開催されました。マスターズは25歳以上で、国内からは1,944名、海外からは935名、総勢で2,879名の選手が参加し、岩手県で初めての大規模な国際陸上協議大会となりました。大きな事故やトラブルもなく、無事に終了することができました。

当ルームでは、この大会をサポートするため、県内各地からボランティア通訳を募り、事前に研修講座を企画・実施し、大会期間中は106名・延べ329名のボランティア通訳の方々に、毎日20以上の担当部署で、70〜80人体制でご協力頂きました。

初めてのことでもあり反省点は多々ありますが、お蔭様で、温かいおもてなしで、各国の選手、役員、関係者をお迎えすることが出来ました。ボランティア通訳の方々には、改めて感謝申し上げます。なお、毎日の通訳日誌は厚いファイルとなり、その要約だけでも11頁にも及びます。貴重なご意見をたくさんいただきましたので、今後の活動に活かしたいと考えています。

また、ボランティア通訳のネットワークはこれからラグビーのワールドカップ、ILC誘致などにもつながっていくことを期待しています。

日本人最高齢104歳の京都の選手が、100mで金メダルを取りました!