ホーム > お知らせ

お知らせ


休館日のお知らせ

4月6日()、4月13日(は、きたかみ展勝地さくらまつりでおもてなしキッズ、通訳サポーターの活動を行うため、終日休館となります。
お間違いのないようよろしくお願いいたします。

マッチングフェア

北上市国際交流協会は、先週の火曜日から地域づくり課主催の「マッチングフェア」に参加しています。面白くて、素敵なポスターとディスプレイがいっぱいあったし、多くの良いつながりを作ることができました。ポスターの掲示は 3月19日までですが、北上市国際交流協会のポスターをご覧ください!


ポスターのPDF

詳しくは:
北上市のHP
岩手日日

Illustrations By Shaleah Poster(2024)

北上E&Beエフエム – Episode 244 (3月18日) (Application Links Incl.)

On today’s episode of Catch The Rainbow, Keiko talks about upcoming preparations for Sakura Matsuri, Omotenashi Kids, and the “Matching Fair” held last Tuesday.

Links and Info:
Application for Translation Support (PDF)

Omotenashi Kids Information Flyer (PDF)
Omotenashi Kids Application (PDF)

Coverage of the “Matching Fair” in Iwate Nichinichi

Listen in below:

さくらまつり!🌸 おもてなしキッズ参加者募集🌸

北上発 インターナショナルスクールフォローアップ事業のおもてなしキッズ募集中!

外国からのお客様も多く訪れる「北上展勝地さくらまつり」の会場で、イングリッシュパークで学んだことを活かし、外国人のお客様に、簡単なインタビューをしてみませんか? Let’s challenge ourselves and have fun!

詳細はPDFをダウンロードしてご覧ください!

PDF チラシ

PDF 申込用紙

Disaster Preparedness Workshop

PDF Below:
Disaster Preparedness Workshop PDF

Do you know everything there is to know about disaster preparedness in your area? How about cooking without fire, finding an evacuation center, or even where to use a bathroom?

THIS SATURDAY from 10 AM until finish (sometime around 12, perhaps) come learn what you need to know to stay safe, and help your family and neighbors as well.

Please contact us ASAP if you hope to participate. This is a great opportunity!

Read below for details:

外国人を対象に、避難生活や災害ボランティアに関するワークショップをします。
Workshop day for foreign residents on disaster preparedness, evacuation procedures, and disaster volunteering.

日時: 2024年2月24日(土)午前10時から正午まで
Date and Time: Saturday, February 24, 2024, 10:00 a.m. to noon

場所:北上消防署(北上市鬼柳町2丁目3番6号)
Place: Kitakami Fire Station (2-3-6 Oniyanagicho, Kitakami City)

内容/Contents

10:00–10:25
2階のホールで全員で学習する
We’ll learn together in a hall on the second floor.

1. 避難情報について/About Evacuation Information
2. ハザードマップの見方ー近くの避難所を確認しようー
How to read a hazard map & Check nearby evacuation centers

10:30–11:55
2グループに分かれてワークショップを体験する
Participants will be divided into two groups to experience the following:

3. スマートフォンアプリ(NHK-World-Japanの活用について)
Smartphone Application (Utilization of NHK-World-Japan)
4. 防災クッキング
Emergency Cooking & Food Prep
5. 簡易トイレ設置、使用方法の体験
Installation of portable toilets and hands-on experience their use
6. 土のう作りボランティア体験
Volunteer experience of making sandbags

11:55–12:00
2グループ合流後振り返り、参加者意見交換
Reflection after meeting up with 2 groups, exchange of participants’ opinions

ご参加希望の方は2月22日までにメール、あるいは電話0197-63-4497までお知らせください。
If you would like to attend, please let us know by e-mail or call 0197-63-4497 by February 22.

防災訓練に興味あるお友達などにもご紹介ください。よろしくお願いいたします。
Please share this information with your friends and others who are interested in disaster training.
We look forward to working with you.

北上E&Beエフエム – Episode 239 (2月12日) (Full transcript!)

On this three-day weekend’s episode of Catch The Rainbow, Keiko calls in from her ski trip in Hokkaido. Hear about the slopes and the weather in snow country– a stark contrast to Iwate’s current springlike mood!

Guests Takahashi Shunsuke and Mr. Igarashi pop in to say hello as well.


Furano

Words to listen for:

お出かけ – おでかけ – Outing, going out
様子 – ようす – situation, sign, indication
滑る – すべる – to slip, often used as the verb for skiing
変わります – かわります – to change/to put someone on the phone
顔を出す – かおをだす – show up/pop in
移動中 - いどうちゅう – on the move/in transit
催し – もよおし – function/event

_________________

鎌田:ココからの時間はキャッチ・ザ・レインボーのコーナーです。国際交流ルームからの情報を紹介するキャッチ・ザ・レインボー。この時間は、薄衣景子さんといつもお話しているんですが、今日はですね、三連休ということもありまして、お出かけ中。
Kamada: It’s time for “Catch The Rainbow” corner, where the Kitakami International Association touches base with all kinds of happenings. During this time, we usually speak in the studio with Keiko Usugi, but today is part of a 3 day weekend in which she’s gone out somewhere!

多田:え!お出かけ中。
Tada:Yeah, out and about!

鎌田:何やら楽しんでいる様子です。
Kamada: It seems she’s having some kind of fun…!

多田:ちょっと近所に。
Tada: About the town.

鎌田:まずは呼び掛けてみましょう!
Kamada: So, let’s give her a shout!

鎌田と多田:薄衣さ~ん!
Kamada & Tada: (on the phone) Ms. Usugi!!

薄衣:はい!こんにちは!
Keiko: Yep, hello!

鎌田:今、どちらにいらっしゃるんですか?
Kamada: Whereabouts are you right now?

薄衣:あの、北海道の…
Keiko: Well, in Hokkaido…

多田:え?!
Tada: Huh?!

薄衣:「しむかっぷ」って、お分かりですか?
Keiko: Have you heard of “Shimukappu?”

多田:占冠、はい、名前は聞いたことありますね。
Tada: Shimukappu– just by name.

薄衣:占冠、あの、占うという字に、かんむりのかん、
Keiko: Shimukappu is written with “Uranau” and the “Kan” from “Kanmuri.”

多田:そうですね。
Tada: Ah, that’s right.

薄衣:はい。占冠というところ、あの、スキー場は、トマムスキー場のそばですね 。
Keiko: Yes, we’re in Shimukappu at and around the Tomamu Ski Resort.

多田:あらら~
Tada: Wow.

多田:お天気はどうですか?(薄衣さんは聞き取れませんでした)
Tada: How’s the weather? (Keiko doesn’t hear this)

薄衣:6日、金曜日の夜フェリーで八戸から苫小牧に入って、 苫小牧からレンタカーで、実は8人で来たんですけれど、今朝はまだ8人だったんですが、今朝は2人かえったので現在6名のスキーヤーがいます。みんなさんすごい、上手な方ばっかりで。北上には、「スキーをこよなく愛する会」という会がありまして、その中で夏油が普段多いんですが、時々ニセコですとか、蔵王ですとか、そういったところでスキーの合宿体験みたいのをしたりしていますので・・・
Keiko: On the 6th, Friday night, we took the ferry from Hachinohe to Tomakomai, rented a car and drove from Tomakomai. There were actually eight of us, but this morning two went home, so now we’re a group of 6. Every one of them is really a top notch skier. In Kitakami, there is a group called the “Kitakami Ski Lovers,” which usually meets in Geto, but sometimes they organize ski camps in places like Niseko or Zao…

鎌田:ええ~
Kamada: Really??

薄衣:はい。その一環で今回は富良野スキー場、そうしてトマムスキー場、今朝はサホロというスキー場に行ってきました。
Keiko: Yep. This time, we’re hitting Furano Ski Resort, Tomamu Ski Resort, and this morning we went to one called Sahoro.

鎌田:すごい!三昧だ、三昧!羨ましいな!
Kamada: Wow! You’re totally into it! I’m jealous!

薄衣:ガンガンみな、滑る人ばっかりなんでね、一緒に頑張りました。その中で、この会は、スキーの会17年ほどになるんですが、ほぼ会長さんみたいな方も一緒なんですが、会長さん以外に頑張っている事務局長さんの高橋駿介さん今一緒なんで、ちょっと、変わりますね。お願いします。
Keiko: Every one of us is really going all out skiing, we really did great as a group. Within the group– which has been going for about 70 years now– there’s a guy who’s like the leader, Mr. Shunsuke Takahashi. I’m with him right now. He really absolutely goes above and beyond. So I’m going to put him on– one moment.

鎌田:はい!
Kamada: OK!

[6:56]

高橋:あっ、私、副会長の高橋駿介です。まなべ会長の代わりに今回は代理出きていました。
Takahashi: Uh, I’m the group vice-president Takahashi Shunsuke! I’m popping onto the phone to stand in for the president, Mr. Manabe!

鎌田:よろしくお願いします!
Kamada: Thanks for being here!

多田:お願いします!
Tada: Thanks!

高橋:お願いします。
Takahashi: Glad to be here.

鎌田:スキー歴どれぐらいなんですか?
Kamada: What’s your ski experience like?

高橋:はい?
Takahashi: Hm?

鎌田:スキー歴はどれぐらいなんですか~?
Kamada: What’s your ski experience like?

高橋:小学校のときからやっていますからもう、70過ぎていますから、もう60年以上やっていますね。
Takahashi: Well, I’ve been at it since grade school, and I’m over 70 now, so at least 60 years, I guess.

多田:そうですか!竹スキーのころから。
Tada: Oh my! Back when they used bamboo skis!
 
高橋:ハハハ・・・そうですね。
Takahashi: Haha… I guess that’s so.

多田:そちらのお天気はどうですか?
Tada: How’s the weather out there?

高橋:今は曇に晴れですね。
Takahashi: Partly cloudy right now.

鎌田と多田:んんん~!
Kamada & Tada: Hmmm!

多田:いいですね。何時ごろまで滑られるんでしょう?
Tada: Sounds nice. What time will you be skiing until?

高橋:はい?
Takahashi: Pardon?

多田:何時頃まで今日は滑られる予定ですか?
Tada: Around what time do you plan to ski until?

高橋:2時まで滑たんです。
Takahashi: Oh, we skiied until about 2.

多田:8時?? (聞き取れませんでした)
Tada: Until 8PM?? (He didn’t seem to hear it)

高橋:2時まで滑ったんですね。
Takahashi: We skiied until 2PM.

多田:ああ、そうですか。
Tada: Oh, right.

高橋:朝9時ごろからですね。
Takahashi: Since about 9am.

鎌田:そうして、今、車で移動中ということで1時一回ちょっと止まっていただいて、お話しておりましたよ~。
Kamada: They’ve stopped for the day and are in transit– they pulled over to give us a call!

多田:羨ましいな~
Tada: I’m envious.

鎌田:ね、スキーの楽しみ色々あると思いますけれども、どのシチュエーションがいいですか? 朝一番なんのか、それともそのナイターでね、スキーをこうやっているところなのか?
Kamada: Me too, I think there’s a lot of ways you’ll enjoy skiing, but what’s the best situation to you? First thing in the morning or hitting the slopes at night?

高橋:やっぱり朝一は新雪がいいですよ。
Takahashi: No doubt, the morning’s fresh snow is the best!

鎌田:そうですね!
Kamada: I bet!

高橋:パウダーがいいですね。
Takahashi: The powder is great.

多田:そうですかー
Tada: Seriously…

鎌田:「こよなく愛する会」ということで、私も参加したいな!混ざりたいな!
Kamada: I’d like to join “Kitakami Ski Lovers!” I want to be a part of it!

高橋:ぜひどうぞ!会費は無料ですから!
Takahashi: Please do! Membership is free, after all.

鎌田:あ、そうなんですね!じゃ、一度は顔を出したいなと思います!
Kamada: Is that so?? Well, I’ll poke my head in!

高橋:是非、どうぞ。
Takahashi: Aboslutely, please do.

~~

薄衣:もしもし? (電話変わる)
Keiko: Hello? (passing the phone)

鎌田:はい、もしもし!
Kamada: Yeah, hello!

~~

五十嵐:もしもし。五十嵐と申します。
Igarashi: Hello, My name is Igarashi.

鎌田:五十嵐様、ありがとうございます。
Kamada: Mr. Igarashi, thank you!

多田:お疲れではないですか?
Tada: Aren’t you tired?

五十嵐:ええ、疲れてはいますけども、気持ちよくたくさん滑ることは出来ました。
Igarashi: Yeah, I’m tired, but it felt great to ski so much.

多田:いいですねー
Tada: Nice!

[5:13]

鎌田:やはり、岩手ではね、色々と、色んなスキー場、岩手にもありますが、今お話聞いていると、トマム、富良野。
Kamada: Obviously, we have great slopes here in Iwate, but listening to the places you’ve gone to– Tomamu, Furano…

五十嵐:ええ、夏油はいつも、毎週滑っていますけれども、北海道はやはり寒いですので、
Igarashi: Yeah, we’re always at Geto, every week– but Hokkaido is obviously colder…

鎌田:雪がしまってる?
Kamada: Is the snow pretty packed?

五十嵐:今年は岩手少ないですけれども、こちらはたくさんありますね。
Igarashi: Iwate didn’t get much snow this year, but there’s plenty here.

多田:そうでしたかー
Tada: Really!

五十嵐:多分例年よりは少ないんと思うですけれでも。
Igarashi: I’m pretty sure it’s less than an average year, though.

鎌田:そうですね。全国的には少ないけど、夏油よりも多いところですね。
Kamada: That’s right, huh. We’re pretty short on snow nationwide, but I guess where you are is still more snow than Geto.

五十嵐:そうですね。景色も全部は真っ白ですので。
Igarashi: That’s right. The view is pure white.

鎌田:真っ白か~そうなんですね~。何か美味しいものを食べたんですか?
Kamada: Pure white, really?? Did you eat anything tasty?

五十嵐:美味しいもの色々食べました。
Igarashi: I ate lots of delicious things.

[6:01]

鎌田:ああ~。これから何を食べる予定ですか?もしかして?
Kamada: Ahh. Are you planning to go anywhere to eat after this, by chance?

五十嵐:今日はちょっと予定はまだ決めていません。
Igarashi: We haven’t really decided on our plans yet.

鎌田:これから決めるんですね!
Kamada: I guess you’ll make a decision after this!

五十嵐:はい、そうです。
Igarashi: Yes, that’s right.

鎌田:はい。まずはけがなしで戻ってきていただいて、私も一度ご一緒にさせていただきたいなと思いますので。
Kamada: Well, make sure you return home safely so that I can join you sometime!

多田:そうですね。
Tada: That’s right.

五十嵐:はい。
Igarashi: OK.

鎌田:よろしくお願いします。ありがとうございます!
Kamada: Thanks for everything!

薄衣:もしもし。
Keiko: Hello?

鎌田:もしも~し。
Kamada: Hello~

薄衣:はい、みんなさんね、スキー上手なんですよ。
Usugi: Everyone here is really great at skiing!

多田:そうです。
Tada: Seems so.

薄衣:すごいです。
Keiko: They’re amazing!

鎌田:どれぐらいの上手さなんですか?みんなさん何か検定とか免許とか持っている方々何ですか?
Kamada: How Just how skilled are they? Do they have a certification or license or anything?

薄衣:それ以上の人たち。
Keiko: More than that.

鎌田:それ以上!すごいですねー!
Kamada: What! More skilled than that?? Amazing!

薄衣:はい。
Keiko: Yep.

鎌田:やー。そうやってねお休みを充実してね、楽しめるですよね!
Kamada: Wow. The way you can have a fulfilling break like that, it sounds so fun!

薄衣:そうですね。ありがたいなと思います。
Keiko: Yes, I’m really grateful.

鎌田:ありがたい、本当。
Kamada: I bet you’re really thankful.

薄衣:北上はやはり、いいスキー場あるので、おかげでこういう仲間ができました。
Keiko: Kitakami has some incredible slopes, so thanks to that, I was able to make these kinds of friends.

[10:50]

鎌田:ちょっと加わりたいなと思いますけど。
Kamada: I kind of want to be a part of that!

薄衣:ルームの紹介も一言だけすみません。2月の24日に、土曜日なんですが、まだちょっと先なんですけれど、外国人のための防災訓練というの計画していまして、消防車でやりますので… 例えば水害とそれから地震の違い、避難所と言っての、一時避難所と長く避難所というところ、あの、滞在するところの避難所の違いとかそれから土嚢を作ったりとか、火を使わないごはん作りとか。そんなワークショップをやる予定なのでお近くに外国人の方がいらっしゃったらこういう催しがあるよということを伝えいただけたらと思います。
Keiko: Just one thing from the International Assembly Hall. On February 24th– that’s a Saturday– while it’s still a bit early, we’re going to hold an emergency preparedness workshop aimed at foreign residents. It will be held at the fire station, and we’ll do things like learning the difference between flood response and earthquake response; the difference between “one hour” shelters and long-term shelters; making sandbags and cooking without fire or electricity, etcetera. We’d love it if word was spread about this workshop to our neighboring foreign residents.

鎌田:2月24日の土曜日は何時から北上消防署に行れるんですか?
Kamada: Saturday, February 24th. What time will the fire station be doing this?

薄衣:予定では10時なんですが、けっこう盛りだくさんで土嚢作り結構時間かかるので、ひょっとすると9時半かもしれない。まだちょっと細かい調整これからなんでね。
Keiko: We’re planning on 10 AM, but with all those activities– making sandbags and such takes quite a while– perhaps 9:30 AM. We’re still working out the details.

鎌田:来週では、また更に詳しくお聞きしますね。
Kamada: Well, then we’ll talk to you about it next week!

薄衣:はい、また来週このつづきを話したいと思います。
Keiko: Yeah, I’d love to discussing it next week.

鎌田:はい、ありがとうございます。
Kamada: Thank you!

薄衣:よろしくお願いします。
Keiko: See you then!

鎌田:はい、ありがとうございます。
Kamada: Thanks so much.

多田:はい、ありがとうございます。
Tada: Thank you so much.

鎌田:まずは、来週お会いできるのを楽しみにしておりますので。
Kamada: Looking forward to seeing you next week!

多田:気を付けてを帰りを。
Tada: Have a safe trip home.

薄衣:はい、よろしくお願いします
Keiko: Thank you!

鎌田:ありがとうございました!
Kamada: Thank you!